風の谷ヴィレッジには次の2つの理念をがあります。

『誰もが安全に安心して暮らせる、誰もが助け合って自分らしく暮らせる”集落”を創る』
『美しく、たくましい日本を未来につなぐ』

この理念の実現のために、次の3つのコンセプトがあります。

✔自分らしい幸福の追求

最も大切なことは、『自分らしい幸福の追求』です。
自分らしく生きられることは、最大の幸せでは無いでしょうか?

そのためには、自分自身を大切にし、他人を認め敬うことです。
そして、互いに支え合って生きているのだと認識することが大切です。

『誰もが安全に安心して暮らせる、誰もが助け合って自分らしく暮らせる”集落”を創る』

この理念を共有できる仲間とコミュニティを築くことができれば、自分自身の幸福へと近づけるのではないでしょうか?

✔新しい集落(コミュニティ)の創造

世界では、人々の都市集中が顕著です。
このまま都市集中が進めば、人間は都市にしか住めないようになり、郊外が捨てられてしまう未来がやってきます。
そして、都市で生きることができなくなった人は、行き場さえ失ってしまうことになります。
日本も、確実にその道をたどっています。

更に、少子高齢化が加速している昨今、都市への人口集中も相まって、郊外の高齢化率は上昇の一途です。生活基盤の崩壊により、町・村の消滅という事態も想定されています。

『風の谷ヴィレッジ』という名前の由来は、映画「風の谷のナウシカ」に登場する集落「風の谷」です。
風の谷では、子供からお年寄りまで、全ての人々が、それぞれに役割を持ち、集落を守っていくために協力をしながら、明るく元気に暮らしています。
私達が目指す集落(コミュニティ)は、この映画に登場する「風の谷」のような集落です。

人間が都市にしか住めなくなる未来は、決して次世代に残すべき未来ではありません。
人口減少・少子高齢化に伴う様々な課題をテクノロジーを使って解決しながら、”自然と共生するゆたかな集落=風の谷“を日本中にたくさん創り、『たくましく、美しい日本』を次世代につなぐことを目指します。

✔REAL × TECHNOLOGY

未来を創るためには何が必要でしょうか?

未来を創るためには、まず”現実”をしっかりみつめること、そして、『どのような世界を創りたいか?』という”夢”、ビジョン・課題意識を持つことが大切です。
次に、『それをどのように全体として構想していくか?』という”デザイン”が求められます。
そして、『そのビジョン・課題を具体的にどう実現するのか?・どうやって解決するのか?』という”技術”が必要になります。

つまり、未来を創造するには、”技術=TECHNOLOGY”は不可欠であり、その時に使える最新技術は積極的に取り入れて、使いこなす倒す・使い倒す意識が必要です。

具体的なテクノロジーの活用としては、”見守り=情報通信”が挙げられます。
既存のコミュニティを最大限利用し、介護が必要になっても生活の場を変えることなく、自宅で継続して生活ができる環境、すなわち『CCAH(Continuing Care at Home)』を実現することが私たちの理想であり、超高齢・少子化社会を乗り切るには、高齢者の生活を支援するための仕組みとテクノロジーとサービスを整備したまちづくりを進めるほかは無いと考えます。

私達が掲げる2つの理念と3つのコンセプトを共有できるコミュニティ『風の谷ヴィレッジ』を日本中・世界中に創り、人々が平和で幸福を感じられる未来を実現したい。
そう願っています。